ニート、なぜか鼻の頭から玉ねぎの匂いがし始める

スポンサーリンク

ぱっと見わけが分からないタイトルだとは思う。ただ、タイトル通りの事態が僕の身に起こっているのだ。

最初に異変に気づいたのは2週間くらい前だろうか。深夜にブログの記事を書いていた時のことだ。僕は考え事をする時に鼻の頭をいじる癖があるのだが、まあその時もいつものように鼻をいじっていたのだ。

するとなぜか漂ってくる玉ねぎ臭。

ん?と疑問には思ったのだが、前日の夕方にカレーを作っていたので、「まあ玉ねぎ切ったときの匂いが指に移ったんだろう」と考えてスルー。

ただ、今考えてみれば、野菜を切った後にちゃんと手を洗ったはずなので、手から玉ねぎの匂いがするはずがないのだ。

次に気づいたのがその翌日。考え事をしながら鼻を触った時に、また玉ねぎの匂いがしたものだから、さすがに手を洗いに行ったわけだ。

無意識に鼻を触るたびに、玉ねぎ臭で思考を邪魔されちゃたまらないからね。

ハンドソープを使ってしっかり洗った。で、玉ねぎ臭が残っていないかどうか指を嗅いで、無事にハンドソープの香りしかしないことを確認し一息ついたわけだ。

そして再び考え事を再開した。もちろん鼻の頭をいじりながら。

しかし、何故かまた漂い始める玉ねぎの匂い。しかも今度はハンドソープのいい香りと絶妙に混ざり合いながらだ。

ここで僕もようやく確信した。ああ、これは指ではなくて鼻が玉ねぎ臭いのだな、と。

もちろん風呂に入った直後は玉ねぎ臭はしないのだが、半日くらい経つと匂い始める感じ。

最初はカレーで玉ねぎを食べたから体臭に移っているのかな?とも思った。ただ、ネットで調べてみるとどうやら違うようで。

鼻から分泌される皮脂が、皮膚に存在する常在性微生物によって変質することで、玉ねぎのような匂いを発することがあるらしい。要は皮脂が酸化しているってことだ。

確かに思い直してみれば、ニートになってからは運動と呼べる運動をしていないし、面倒なのでお湯にはつからずシャワーで済ませることがほとんどだった。

習慣的に汗をかくことも少ないし、そりゃあ毛穴に皮脂もつまるのも当然である。

さすがにこれはマズイなあと思い、風呂に入る時はシャワーだけでなくお湯にもゆっくりつかるようにした。

あとは日光浴がてらに朝散歩することも心がけた。さすがに雨の日は家に引きこもっていたが。

結果、鼻の頭の玉ねぎ臭はかなり軽減した。まだうっすらと匂わないこともないが、2週間前よりはかなり良くなった感じだ。

もし僕と同じような症状の方がいれば(まあほとんどいないとは思うが)、運動をして風呂につかることをおすすめする。

にしても早く玉ねぎ臭から完全に自由になりたいものだ。しばらく玉ねぎは食べたくないし、姿すらも見たくないね。